薬剤師の白衣

薬剤師は、仕事をする際、白衣を着用します。
しわができにくい、抗菌加工がされている、防臭効果があるものを選ぶなど、白衣に気を配ることで、患者に清潔な印象を与えることができます。
動きやすい、通気性がよい、大きなポケットが付いている、着脱が簡単にできるなど、薬剤師が快適に仕事を進められるよう、工夫された白衣も増えています。
白衣の下に着用する衣服に規定はありませんが、襟元から見えるシャツ、パンツ・スカートは派手な色を避け、白や黒などシンプルな色を選ぶと、清潔な印象になります。
露出が少ない衣服を選ぶことも大切です。
男性薬剤師の場合は、シャツ、パンツの他、ネクタイも派手な色や模様を避け、シンプルなものを選ぶことが大切です。